スポンサーサイト

他の誰かに見せるためだけのものはいらない

数カ月前、大学時代にもらった賞状とか、いくつかの作品を捨てました。見るたびにずーと悶々としていたので捨てました。ようやく。そのとき気がついたのは、これをとっておいた理由は、今もしくは未来の自分がまた見たいから、ではなく、誰かに見てもらいたいから、だったこと。例えば、夫とか、子供とか、友達とか。単なる見栄でした。実際は、結局は誰も見ることはないし、たぶん興味ない。自分の賞状とか作品に限らず、友達が出...

モノを手放すことは、自分を大切にすること

お久しぶりです。仕事が一段落しました。ここ数日、断捨離モードです。今日は、いくつかリサイクルショップに持っていきました。・スーツケース (布製小型。12年前に無印で購入。きれいに使っていたけど、ここ5年で使ったのは1度だけ。)・おもちゃいくつか(0歳用。おきあがりこぼし等々。最近全然使っていない。)・好みでないグラス・ミルクホイッパー (自宅でカプチーノができるというもの。全然使っていない。来客時...

もっともっと直して使う暮らし

3週間ほど前のことですが、図書館で「夕凪の街 桜の国」という映画を借りて観ました。その中で、前半の戦後の場面での主人公、麻生久美子さん演じる皆実(みなみ)が職場で履くヒール靴を大事にするために、帰路をはだしで歩くシーン・竹の皮を干してわらじを作るシーンがありました。疎開先にいる弟に会うための交通費を貯めるため「倹約せんにゃあ」といって、一つの靴を大事にしていたのが印象的でした。この映画のテーマは広...

ゴミを買おうとしていないか、注意する

ここ1~2か月で強く意識するようになったことがあります。ゴミを買おうとしていないか、商品を手に取る前に考える。これは、特に食品を買うときのこと。例えばトマト。スーパーで買うと、よくプラ製の透明パック容器に入ったものを見ます。でも、そのパック容器、家に持ち帰れば多くの場合ゴミです。そのトマトを買うことで、ゴミを増やしている。ゴミを出すことはお金がかかること。環境負荷もかかること。隣に袋に入ったものが...

不要な物を必要な人へ、無料でやりとりできる便利なサイト

「エプリ」というサイトがあります。先日初めて利用したのですが、とても良かったのでご紹介。「まだまだ使えるけど、いらなくなった不用品・・。 もし必要としている人がいるのなら、譲ってあげたい。 引越しするので、いらない物をまとめて処分したい。 新品でなくても構わない。まだまだ使える資源を大事に 使いたい。 「エプリ」はそんな「もったいない」気持ちを大切にする人々を結び付けるお手伝いをします。」(エプリH...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。