スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記録するノートを持つ

何か思いついたとき、何かに心動かされたとき、
記録しておきたいことをなんでもかくノートを持っています。
DSC_6302.jpg
無印良品の文庫本ノート。
昔買った無印の文庫本カバーをかけて。

DSC_6305.jpg
スケッチにはまっていたころのページ。
とある村の民家に泊まったときのかまど。

DSC_6307.jpg
最近は文字ばっかり。読んだ本の一部を抜粋することが多いです。

講演などに行ったときにも、このノートに直接メモします。
別の紙に雑にメモしておいて、後でこのノートに書き写す、、、ということはしません。
(面倒くさがりで、後で書き写すことをしないと分かっているので(笑))

1ページにたくさん書くこともあれば、
一文を真中に書くことも。

ペンは細くかける水性ペンが好きなので、それをよく使います。
必ず黒一色でかきます。
どこかのページがほかのページよりも目立つことのないように。


これを読むと、今まで自分が何に気持ちを突き動かされたのか、が主にわかります。
久しぶりに昔かいたページを見ると、姿勢を正されるような気持ちになることが多いです。

そして他人にじっくり見られるのは恥ずかしいノートです。
でも、過去に一人だけ友人に「見てもいい?」と尋ねられ、気軽にOKしたことがあります。
今思い出しても、やっぱりはずかしかった!です。。。

このノート、いまだに一冊目がかき終わっていません。
二冊目になるのはいつのことやら、です。

ブログに思ったことを記すのもいいけれど、こういったアナログな方法がけっこう好きです。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: ***

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。