スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンク上の水切りは、やっぱり必要

わがやのキッチンには、シンクの上に水きり棚がついているのですが、
これがものすごーく便利なのです。

DSC_6746.jpg

食事後に洗った食器はもちろん、調理中に出てくる洗い物をどんどん受け止めてくれます。
特に、ざる。
ざるってなかなか完全には乾かないし、洗ってから数分はぽたぽたと水滴が。。。
でもシンク上にかけておけば落ちた水滴をふかなくてもOK。
わたしは割と使用頻度が高い(米とぎ、ゆでた野菜の水切り等)ので、
わざわざシンク下等にしまわずに右端のS字フックを定位置にしています。

それから、手&フックつきの鍋やフライパン、木べら・お玉・トング等のツールも同様に、
洗ったら棚につけたS字フックへどんどんかけます。
大ぶりのボールや鍋などは棚へ。

とにかく、シンク上に水きりってとってもラクだなぁ、と。

新しい家のキッチンを考える上で一番に考えたのが「ざるをどこに置くか」です(笑)
やっぱり今のようにシンク上に吊るしておきたい。。。
なので対面オープンキッチンには憧れましたが、壁付きのI型キッチンにすることにしました。
ただ、今のようにオープンすぎる棚は見た目に気になるので、
前面を扉のようなもので隠せるようにしたいと思っています。


それと、水切りかごは使います。
使わない方もけっこういらっしゃるので一時期迷っていましたが、
わたしは、びっしょり濡れた食器を拭くのが面倒なのと、
自然乾燥させたほうが食器に付着している菌が少ないらしい、と
むかーし(小学生くらいのころ?)何かで見聞きしたので。

DSC_6744.jpg
シンク横には常設できないので、シンク背面においてある食器用チェストの上においています。

新たに調理を始めるときには、まず、
この水切り棚と水きりかごを空っぽにします。
乾きかけていた食器がまた濡れるのはイヤだし、
調理中の洗い物をポンポン置けないとストレスだからです。


新しい家になったら、ラバーゼの水切りかごが欲しい!
lb-017-s3.jpg

なんと、NEWデザインが出ているらしい!
img62019481.jpg
違いはよくみないとわからない。。。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: キッチン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。