スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本にできた跡から

先日図書館で借りた本に、こんな虫食いのようなひっかけて穴のあいた痕がありました。
図書館の人がひとつずつ丁寧にテープを貼って直したのかな、というあとがあります。

DSC_6867.jpg

はじめはただ、おもしろい跡だなぁと思うだけだったのですが、
物を大事にすることを超えたところに、味がでるのだなぁと思うようになりました。

娘の絵本も、
0~1歳はめくるばかりですぐにビリビリ。
そのときは、あーぁまたやぶいちゃって、と思っていましたが、
きちんと直してあげると、娘もわかるのか、やぶらないように注意するようになりました。
DSC_6869.jpg

そしてわたしも、今みると良い思い出で良い跡だなぁと思えるように。

もっといろんなものに対して、傷をイヤなものでなくて、いい味だと思えるようになりたい。
例えば、服についたシミ、欠けたお皿、家具の傷・汚れ、、、
それはたぶん、気持ちを大らかにすることや、傷を味に変える技術をもつこと、などによってできること。

そして、これから手に入れるものは、味・愛着の増す素材でできたものがいい。
自然の素のままでできたものが特にいい。
毎日を丁寧に暮らせるように。
もっとゆったり暮らせるようにしたい。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。