スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっともっと直して使う暮らし

3週間ほど前のことですが、図書館で「夕凪の街 桜の国」という映画を借りて観ました。

その中で、前半の戦後の場面での主人公、麻生久美子さん演じる皆実(みなみ)が
職場で履くヒール靴を大事にするために、
帰路をはだしで歩くシーン・竹の皮を干してわらじを作るシーンがありました。

疎開先にいる弟に会うための交通費を貯めるため
「倹約せんにゃあ」といって、一つの靴を大事にしていたのが印象的でした。

この映画のテーマは広島原爆と原爆後遺症でした。
テーマはもちろんのこと、
簡単にモノを捨ててはいけないなぁ、と
直してつかうことを大事にしないといけないなぁと
戦後、一つ一つのものが貴重だった時代のシーンを観て、そんなことを感じました。


この記事は、先日ドライヤーを壊してしまった自分への戒めとして。。。(汗)


ちなみにこの映画、とっても静かで穏やかなんだけれど、原爆のことがしっかり伝わってきます。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。