スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木工事(屋根工事も)の記録 1

(上棟日から起算して、職人さんが作業された日を数えて「O日目」として書いています)
ほぼ自分のための記録記事です^^;よければお付き合いください~。

●2日目[9/29(土)]
上棟日の翌日、午前11時ごろ。
1階部分の下屋の野地板がはり終わっていました。
DSC_0347.jpg

ん~きれい。ちなみにこの上から化粧材がはられます。
DSC_0351.jpg


●4日目[10/2(火)]
屋根にルーフィングが敷かれていました。
DSC_0375.jpg

DSC_0373.jpg
縁側部分の下屋も進んでいました。化粧板(野地板兼?かな)がはられてルーフィング。

DSC_0368.jpg DSC_0372.jpg
床板を入れる準備、柱への切り込み。なるほど、こうやってするのですね~(今更ですが...)。

DSC_0371.jpg
筋交いプレート取り付け。2階部分はずっとこの若い方が担当されています。
2階部分は足元が危険なことも多くて大変そう。

●5日目[10/3(水)]
DSC_0383.jpg

1階下屋の垂木の上から、さらに鼻隠し等の部材が取り付けられ、化粧材が張られめました。
DSC_0385.jpg
丁寧な仕事。

縁側の下屋に屋根材のガルバー(ガルバリウム鋼板)が仮置き(?)され、
軒先はガルバーで仕上げられていました。
DSC_0386.jpg
縁側が進むのを見るとなぜか特に感慨深い。

DSC_0387.jpg
寝室となる和室。一足早く、床板が張られていました。この上に畳。床下点検口もここ。

●6日目[10/4(木)]
この日は、社長と現場打ち合わせ。
DSC_0397.jpg
1階下屋のガルバー葺きが大分進んでいました。
はぜの縦ラインが好き。

1階下屋の化粧板、完成していました。美しすぎる。
DSC_0390.jpg
ちなみにここを作業してくださった大工さん、いつも笑顔。
わたしのことをきちんと覚えていてくださっていて、
上棟日に「ひさしぶり~!」と言ってくださった。すごくうれしかった。

これは玄関下屋の化粧材。よく見ると縁側と同じ仕上げ。(矢印の板材)
DSC_0391.jpg
社長に教えていただいて初めて気が付きました、これって床材を使っているんですよ!すごい!
なぜすごいのかというと、ミズタホームが使う床板は、熊本阿蘇の小国の杉材。
天然乾燥。厚さ30mm。
こだわってこだわって選ばれて標準で使っているもの。
こんな良い材が下屋の化粧材に使われるとは。。。見るたび嬉しくなります。

DSC_0394.jpg
床の断熱材、アルミサッシ窓の枠も入っていました~。
(この写真だとわかりにくいですが)
窓の高さや大きさも考えて検討して決定したから、一つ一つがうれしい。そしてホッとする(笑)


(文章等、抜けているところが多々あるかもしれません。ご了承ください・汗)
読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。