スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木工事の記録 3

●11日目[10/11(木)]
屋根のガルバー葺きはすっかり完成していました。
DSC_0441.jpg

外壁下地のモイス壁が張られていました。
DSC_0431.jpg

モイス壁(ここで使われているのは「モイスTM」という外壁下地材)は、
天然素材のみで作られている耐火耐震下地材。
耐火壁だから防火地域でも使える。
ミズタホームでは標準仕様です。
耐火性、耐震性(壁倍率2.7倍!(木造軸組工法の場合))に優れているだけでなくて、
湿度を吸放出してくれるんです。だから、壁内に湿気がこもってカビることがない!
天然の無機材料のみで作られていて、シックハウスの原因となる有機化合物は一切なし。
ちなみに、モイスの成分は、バーミキュライト、消石灰、珪砂、パルプ、水。
すべて土に還る素材。



収納内部の板壁が入りはじめ、
DSC_0435.jpg

階段を設置する床板への彫り込みがされていました。
DSC_0434.jpg DSC_0437.jpg
職人のお仕事を見るのは楽しい。
子供の世話がなければ一日中張り付いていたいくらい。

そして2階には一部手摺が付いていました。
DSC_0436.jpg
手摺ははじめ横ラインがいいかな、と思っていたのですが、
子どもが遊んで登るので、落ちる危険があり危ないとのことで縦ラインに。なるほど。


●13日目[10/13(土)]
DSC_0460.jpg
外壁の杉板が張られていました!
外壁仕上げは、杉板よろい張りがメインです。そして玄関と縁側の一部が漆喰。

DSC_0490.jpg DSC_0487.jpg
先日のモイス下地壁の上に、そとん壁シートを張り、その上に杉板仕上げ。
DSC_0489.jpg
そとん壁シートというのは、透湿防水シート。
ただの防水シートでなくて、透湿するので壁内に湿気がこもらない。
もちろんその上の杉板も透湿します。
きちんと呼吸する家に。。。
(予算があれば「シラスそとん壁」(シラス台地のシラスでできた土壁!)にしたいところですが、
 わたしたちは杉板よろい張りで。けっこう好き。)


収納内部壁もだいぶ進んでいました。杉板張り。贅沢。
DSC_0472.jpg

そして、念願の階段ができていました!
DSC_0483.jpg
娘は大喜び。わたしも大喜び。

早速2階へ。
DSC_0465.jpg
天井を低く作ってあります。2階だけど少しロフトのような感覚。良い!
家全体の高さをおさえるため。外観プロポーションが良くなります。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。