スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七五三(7歳用の着物を3歳用に補正)

先週は娘3歳で七五三のお詣りでした。

7歳用の四つ身といわれるサイズの着物を3歳用に補正して着せました。なので、その覚書き。
興味のある方だけどうぞ!

本来、3歳用には三つ身とよばれるサイズの着物を使うそうなのですが、
わたし自身が3歳の頃に同じ着物(四つ身のサイズ)を着てお詣りに行ったようなので、
なんとかすればできるだろう!と。
(当時の写真は大分参考になりました。)
あとで母に聞いたら、わたしの3歳七五三の時は、元々購入時に3歳用に補正してあったので、
母自身は補正をしなかったのでやり方はわからないそう。

ネットで調べたやり方をもとに、自己流を混ぜて補正しました。

1.子供に立ってもらって着丈(肩~足首)を測る。
2.着丈×6/10 を上(肩)から測り、
3.着丈×4/10 を下(裾)から測り、
4.2と3の高さをぴたりと合わせて、お端折をつくるようにたたみ縫う。

娘の場合、着丈が650mmだったので、上から390mm(650×6/10)、下から260mm(650×4/10)のところ。
(補正後に実際に着せてみると、この着丈では30~40mm短すぎたので後で伸ばしています)
DSC_0812.jpg
2つの高さに糸印をつけ、お端折をつくるようにたたみます。
DSC_0814.jpg

待ち針で仮止め。もちろん、おくみ線がぴたりと合うように。
DSC_0815.jpg

縫うときは、身八つ口の下ラインの高さの部分を縫うと良さそうでした。
DSC_1049.jpg

上前身ごろになる側は、補正してたたんだ部分が衿先から出ないように、
あらかじめ内側に折って糸で留めておいたほうが良い。
DSC_1052.jpg

肩から袖にかけての部分(ゆき)の補正は、
もともと7歳用に肩揚げ山を作った補正が残っていたので、手間を省くためにその補正を利用しました。
DSC_0816.jpg
娘の肩先~手首の長さを測り(待ち針を打ってある箇所)、
それに合わせて余分な部分を元の補正の内側に折りこんで、見えない箇所で縫いとめました。
DSC_1055.jpg

内側にこんな風に出てきてしまいますが(笑)着付けるときには首から出てこないようにします。
DSC_1054.jpg
今回はしなかったですが、肩揚げ山をつくるところから補正する場合は、
背中心~肩揚げ山の長さは、肩幅×1/2+0.5 (cmかな?)だそう。

〈Before〉この長さだったのが、、、
DSC_0808.jpg
  ↓
〈After〉こんなに短く!
DSC_1048.jpg
着丈の補正に関して、上前身ごろだけは、後ろ身ごろや下前身ごろと高さを合わせずに
2~4cm長くしておいたほうが着付けたとき自然にきれいに仕上がります。(けっこう大事)
実際は、補正は着させてみた後、手直し3回くらいしました。結構時間を使いました^^;
背中側のお端折の長さが長すぎ!とか、いろいろありました。。。

長襦袢のほうもほぼ同じやり方です。(表に出ない分、手を抜いてしまったところはありますが)
DSC_1056.jpg
半襟も縫い付けて。


※これは自己流を混ぜているので実際の補正の仕方とは異なる点があると思います。
(本やネットでは、四つ身の着物を7歳用に補正するやり方しか見つけられなかったのです~ >_<;)

準備にかけた時間は、補正7割、着付けの練習3割くらい(笑)
でも、この補正のおかげで、お端折がもともとできているので、
通常2本のひも(又はベルト)で留めるところを、1本で留めるだけで済んだし、
着崩れる心配もほとんどありません。
実際は、長襦袢は腰ひもベルト、着物は伊達締めで留めました。
(長襦袢を腰ひもベルトで留めると、土台がしっかりするのでより着崩れしにくかったです)

DSC_0879.jpg DSC_0941.jpg

3歳に帯を背負わせるのは子どもが疲れて大変では、という意見もネットで見ましたが、
(3歳では帯を背負わず、着物の上に被布を着させるのが一般的だそう)
娘は帯まで全て完了すると、疲れを感じさせないはしゃぎっぷりでした。
(着物のみの時点では「きつい~座りたい~」ってずっと言ってたのですが・笑)
たぶん、草履をはいて、扇子を腰に差して、かばん持って歩く、というのが楽しかったのだと思います。

それに、こんな小さい子が本格的に帯を背負っている姿はなかなか良いものでした。
草履は、今夏に草履を履かせていたおかげで慣れていたようで、
割とすぐに歩き慣れてくれて痛がることもありませんでした。

帯結びは、迷った挙句、本に載っていた「矢車草」という結び方をアレンジしたものにしました。
DSC_0850.jpg
(当日の写真は真背面から撮ったものがなかったので練習時の写真)
帯枕を背負わせると苦しそうだと思ったので、帯枕なしでOKな帯結びにしました。

思ったのは、やっぱり他装(人に着つけるの)って楽しい!
自装(自分で着物を着ること)も楽しいけれど、自分の体力も使うので疲れてしまう。。。
(体力が足りないせいですが・汗)
それに他装なら、確実にきれいに着つけられるし、帯結びもいろいろなアレンジを施せるので。

わたしが小さい頃着ていた着物を娘が着ているのを見ると不思議な気分。
将来女の子の孫ができたら、またその子にも着てもらいたい。

読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: ■こども

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/02/03 (Mon) 02:05 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

先週は娘3歳で七五三のお詣りでした。7歳用の四つ身といわれるサイズの着物を3歳用に補正して着せまし

2012/11/27 (Tue) 18:32 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。