スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床板でこども椅子

工事中に出た床板の端材を工務店からもらっていました。
「こどもの椅子を作りたいのでください!」と。
で、製作に取りかかったのは里帰り前の7月初めだったのですが(笑)
2人目が産まれたら作る余裕ないなぁと思って、直前にようやく。

旦那と2人で作りました。
床からそのまま浮き上がってきたようにも見えるのがいいよね、
と夫婦で自己満足に浸っています。
(この写真ではわかりづらいですが)
この椅子は食卓用に。娘用。
次産まれる下の子には元々ある椅子を譲って。
DSC_0532.jpg
一人でやらなきゃやらなきゃーとずっと思っていたのですが
(木工関係は、わが家では旦那ではなくわたし担当なので)、
ふと旦那に「作りたいんやけど…」と話してみたら、積極的にデザインの相談に応じてくれました。

製作作業は1人だとつらいこと(切り終わらないー…とか)も多いけど、
2人だと楽しかった~。本当に。
2日間(半日ずつ)で2つの椅子を作りました。
(2日目は、時計とか左官用コテ板とかも製作)
充実した2日間でした。

2日目に作ったのは、トイレの手洗いでこどもが使う踏み台。
(トイレが暗かったので玄関で撮影してます)
同じく床板を使っています。
DSC_0538.jpg

そういえば、家の工事中の際の大工さんの作業を見て初めて知った、
ネジ隠しのワザを使ってみました。
ネジ頭よりも直径が大きい穴を5~10mmの深さに先に空けておいてから、ネジ留め。
(ネジ留めした状態で、ネジ頭は穴の深さの位置にあります)
その上から、空けておいた穴の直径と同じ径の丸棒を差し込み、のこぎりで切ってやすりがけ。
そうするとネジ頭が丸棒できれいに隠れます。
って図抜きでこの説明だとわかりにくいですね。。。
とにかく、この方法を使ったら仕上がりのグレードがぐんっと上がったので、夫婦で大興奮でした。

両方とも仕上げ塗装はせず、無塗装で。

娘にどう?ときくと、「このいす、きもちいい~」と言ってくれました。
娘には作業中は待機してもらって退屈させちゃったけど。
完成したら、自分の椅子ってことですごく喜んでくれました。よかった~。
お父さんもお母さんもがんばったかいがあったよ。

読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。