スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おむつはずし -1-

先日2歳になった息子。

嬉しいことに、おむつがはずれました。
20150826.jpg

「おむつはずれ」正確に言うと「おむつはずし」。
おむつは外さないと、外れません。

パンツの脱ぎ履きは補助がいるけど、
自分で教えてくれるようになって、短時間なら我慢できるようになったので、
おむつはずれた と言っていいかなと思います。

経緯を記録しておこうかなと思います。

おむつはずしまでの道のり-1-

6月(息子1歳10ヵ月のとき)に「一日でおむつがはずれる」という方法があることを知り、
すごくやってみたくなって、挑戦してみました。
この方法は、魔法使いのオズさんのブログで知りました。
(子ども* 布おむつ・ECのカテゴリーに書いておられます^^)
でも、息子の成長がまだ不十分だった、私自身の心の準備が不十分だったことで、
見事大失敗。トイレ嫌いになってしまいました。
(それまでは、朝や昼寝後は連れて行っていたのだけど、、、)

失敗原因
・初めに、息子の好きなくまのぬいぐるみでデモンストレーションしたのですが、
 その時点であまり理解している様子がなかった。息子の認知度がまだ足りていなかった。
・私が、床を汚される(おもらし)ということに対して抵抗感がありすぎた。
 (まだ新築から2年の戸建てだから、というのもあって)
 トイレトレーニングは怒ったら絶対だめ。
 頭ではわかっていても、おもらしをしたときに、つい「あー!」と言ってしまったり。。。
・息子と2人きりの状況で、私にストレスがたまってしまい、イライラ。
 つい口調がイライラしたものになっていた。
・決行した日の天気が、雨。
 雨だと私は気分が落ち込みやすい。
と、まあ、いろいろありますが、要するに、早すぎたみたいです。
この日の夕方、本当にどんより気分が落ち込んでいました^^;

おむつはずしまでの道のり-2-
トイレ嫌いになってしまった息子。
これは一旦やめないと直らないと判断し、
「トイレ」という言葉を出すことすら一旦中断。
補助便座も隠しました。
10日ほどたったころ、なんとか再びようやく座ってくれるように。
・座ったことだけで、ものすごく褒める。
・座って、おしっこが出るまでの間、絵本タイムにする。
・自分でやれると乗り気になる息子なようだったので、
 補助便座をセットするのも、踏み台を持ってくるのも、便座に座るのも
 自分でやらせたら乗り気になってきた。

私のストレスにならないように、基本今までどおり布おむつ。
朝起き後、昼寝起き後、機嫌がいいタイミングで連れて行く。
でも、座っても、出るまでに15分くらい(長い時は30分)かかったりすることがほとんど。
それまで絵本タイム。。。機嫌が悪くなければ座らせておきました。
けっこう疲れます^^; ときどき娘がバトンタッチしてくれて、本当に助かりました。

長くなるので、つづきは次回。

読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: ■こども

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。