スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りままごとキッチン

数日前、あるものを作るために材料を買ってきた、とお伝えしましたが、
完成しました!!!じゃん!

DSC_4717.jpg


ままごとキッチン!
買おうかな、と思ってネットをみているうちに、むしろ自分で作りたくなってしまい、
久々のDIYで作ってしまいました!

DSC_4719.jpg

主な材料は、ひのきの無垢板(厚さ6mm)。
材料は合板でなく無垢がよかったのと、お店でひのきの匂いにつられ、これに決めました。
ちょっと年季の入ったホーローのバットは、もうすぐ解体になる祖父の家にあったもの。
母がきれいにして持ってきてくれました。
その他の細々した材料は、家にあった余り木材。
余り木材を減らしたかったので、できるだけ使おう、とがんばりました。

DSC_4722.jpg

コンロのつまみはコロコロ回ります。
(まわりっぱなしです)


DSC_4723.jpg

蛇口も、吐水口も、回っちゃいます。
(まわりすぎて困ります)


DSC_4729.jpg

タオル掛けは、家にあった流木を切って貼り付けました。


DSC_4730.jpg

バットを取り外すとこんな感じ。
さらに、、、


DSC_4731.jpg

上部まるごとパカッと開けられます。
この中に、入れられるままごと用おもちゃを入れる予定。


・・・・・今回、パーツを切り出そうかどうか悩みました。
(面倒そうだな、と思ったので・汗)
でも、「案ずるより産むが易し」で案外簡単にできました。
DSC_4703 (2)
これだけ切り出すのに1時間はかかったわけですが。
DSC_4699 (2)
ちなみに、コンロや蛇口のパーツは、こんなのから切り出しました。杉です。

DSC_4707.jpg
コロコロ回る仕組みは、つまみにねじ直径よりも大きめの穴をあけて、板にねじ止め。
このとき回るように少し浮かせます。
(ちなみに写っているのは娘の手)

DSC_4709 (2)
その後この部分をぺたっと貼り付けます。
蛇口部分も同じ仕組みです。

・・・・・もう一つの難関が、ホーローバットを埋め込むための、木材切り。
3枚のうち、中央の板はそのまま切断すればいいわけですが、
問題は、コの字型に切らなくてはならない1枚目と3枚目。
こんな風に切りました。
DSC_4700.jpg DSC_4704.jpg
1.のこぎりで直線を切って、、、、          2.キリで穴あけ
DSC_4705.jpg DSC_4709.jpg
3.ここまでひたすらキリの穴でつなぎ       4.一旦、のこぎりで切断!
DSC_4710.jpg
5.ここまでやればのこぎりが入るので、残りはのこぎりで。

これも「案ずるより産むが易し」でした!
ただ、微妙にホーローが入らなくて、
そのあとやすりで地道に調節したのは疲れました(汗)



DSC_4735.jpg
こんな感じで使えます!

やり始めたら、結局、2日でできました!
やはり、やり始めたら早く終わらせたい性格なので。
思案したり、切った材料を組み合わせたりしている最中は楽しんでいますが、、、
木を切ったり、やすりがけをしている最中は、早く切り終わりたいとばかり考え、
楽しんではいません(笑)

かかった材料費は、約1350円(ひのき板とくぎ)でお安くできました。


さて・・・当の本人(娘)は、、、
最初はこれが一体何なのかわかっていなかった様子。
家のキッチン(本物)と照らし合わせて説明しました。
「これはコンロで、これと一緒だからね、カチカチってしたら火がつくよ!」
「ここからは水がでるよ。クルクル、ジャーって、ほんとは出ないけど、出るつもりで遊んでね!」
すると娘は、「うん!」(ほんとにわかったかな・・・?と心配するわたし・汗)
案の定、あまりわかってないようで、ままごとキッチンは数時間放置(笑)
仕方なく、わたしがままごとキッチンを使って遊び始めると、
今度は火がついたかのように夢中になってくれました。ふう、よかった。

これはわたしからの誕生日プレゼントでした。遅くなったけど。
いっぱい遊んでね。
DSC_4716.jpg



長文、お付き合いいただきありがとうございました。
▼ランキング参加してます。応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: ■こども

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。