スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎの皮で染色

DSC_5029.jpg
玉ねぎの皮染めをやってみました。初めてです。
てっきりベージュっぽくなると思っていたのに、きれいな黄色になりました。

(Before)
DSC_4970.jpg
母が作ってくれた白Tシャツでした。
形が気に入っていたのですが、、、
DSC_4972.jpg
いつの間にかこんなシミが!いったい何をひっかけたのか、、、謎です。
このシミ、もうとれないけど、なんとかしたいと思いついたのが、染めること。

DSC_5030.jpg
実は、染めてもシミはシミのまま濃くなっただけだったので、
結局レースとボタンで隠すことにしました。

DSC_5034.jpg
せっかくだから、と背中側は、染めました風に輪ゴムで絞って模様をつけました。



:::玉ねぎ染めの方法:::
(興味ある方はよかったらおつきあいください)

DSC_4977.jpg
1.材料
  ・玉ねぎの皮(10個分くらい溜めました)
     …染める布と同じ重量の皮があったほうがいいらしい。けどそんなに溜められないー。
  ・やきみょうばん(スーパーのお漬け物作りコーナーにあります。98円とかで。)
     …色を定着させるのに使うそう。
      後で知ったのですが、消石灰(お菓子などに入っている乾燥剤の中身)でもOKらしい。
      (水に溶かして一晩おかないといけないそうです)。

DSC_4984.jpg
2.染める布を、水に浸しておきます。(染まりやすくするため)
  豆乳や牛乳につけたほうがいいらしいです。
  空になった豆乳を洗うついでに出た、うすい豆乳水でつけてみました。
  模様をつけたい場合は輪ゴムで縛ります。

DSC_4982.jpg
3.鍋に玉ねぎの皮とひたひたの水(玉ねぎが浸る、布も浸る適量)をいれ、沸かします。
  沸騰してから弱火で10分。
  紅茶みたいな香りがしました。

DSC_4989.jpg
4.玉ねぎの皮をとりのぞきます。
  火を止め、ざるで濾しました。

DSC_4992.jpg
5.ワインみたいな色。

DSC_4994.jpg
6.ここに水を絞った布をいれ、火にかけます。
  沸騰してから弱火で10分コトコト。
  ムラなく染まるように、ときどき混ぜます。

DSC_4997.jpg
7.水かぬるま湯にみょうばんを溶かしたものを用意。
  洗面器一杯くらいの水に対して、みょうばん大さじ1くらいらしい。
  これを触媒液というそう。

DSC_4999.jpg
8.布を鍋から引き揚げて、そのまま触媒液に投入。
  入れた瞬間、赤から黄色にさっと変わりました。不思議。
  たまにまぜつつ20分~1時間くらい浸けます。
  
DSC_5000.jpg
9.1時間つけたら、触媒液のにごりはすっかり消えていました。
  色が出なくなるまで水ですすいで、脱水。干します。完成!


楽しかったです。
娘が大きくなったら、また一緒にやりたい。
応用して紅茶とかコーヒーとかでも染めてみたいです。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事
Category: リメイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。