スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座イスを処分するときに考えたこと

1か月くらい前に座イスを捨てました。
6年前くらいに無印で買ったもので、もうボロボロでした。

本当は1年以上前から捨ててもいいくらいに中のウレタンがへたっていたのですが、
旦那はそれでもいいからと使ってくれていました。
でも、ついにカバーまで破れて、寿命かな、と。
金属フレームはまだまだ使えるのに、もったいないですが、
修理の方法がわからず、、、(誰かわかる方は教えてください><)

粗大ゴミとして出すのはお金がかかるので、
ウレタンを金属フレームから取り外して、
金属フレームは近所の金属類無料回収所へ。
ウレタンは燃えるゴミ袋へ。

DSC_5351.jpg
(お見苦しい写真ですが)

このウレタンを取り外すのが、かなり苦労でした。
(なにより、ウレタンに触りたくない。。。でも触らずには進まない;;)

この作業中に思ったこと。
ウレタンって、ごみになるだけだなぁ、と。
ヘタってしまったらもう終わり、、、もっと長持ちするものを買わなきゃな。

家具は、自然に還る素材のものを選ぼう。
買う前に、まず「無し」でやってみて、それでも必要だったら買おう。
無くても案外いけるかも、とまず考えること。
買えば、管理するものが増えるけどそれでもいい?と自分に尋ねること。


捨てるときには使い込んだものでも、心が痛みます。
それが自然に還らない素材ならなおさら。


捨てるときのことを考えて買う。
やっぱり大事です。


読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。