スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生分解性の中性洗剤は「海へ・・・」

粉せっけん(アルカリ助剤入り)を使っていつも洗濯しているのですが、
ウールなどのタンパク繊維は、せっけんのアルカリで毛が縮んでしまうのでNG。
中性洗剤をどれにしよう、と考えました。

※追記
アルカリ助剤の入っていない無添粉せっけんなら、タンパク繊維にも使えるそうです。
無添粉せっけんは、pH10くらいの弱アルカリ性であり、
この程度なら繊維が目立って傷むようなことはないそうです。
参考URL:「ウールやシルクを弱アルカリ性の石鹸で洗濯して大丈夫?」(石鹸百科)


自然環境のことを気にして洗剤を選び始めたとき(5年前かな)、
最初に使用したのが、エコベール

エコベール

ウールにも使えるこの洗剤を最近ようやく一本目を消費し終えました。
でも、エコベールは詰め替え用がないのがネックでした。



で、選んだのは、がんこ本舗の「海へ・・・」

海へ・・・


いい匂いがします(わたしは特に必要はないけれど)。
日本製というのもいいところ。
試験によると生分解性は1日後94%、7日後には100%だそう。



詰め替え用450mlを購入し、水の入っていた500mlペットボトルへ入れました。
(一応、「専用ボトルに詰め替えてお使いください」と書いてあります。
 ペットボトルには自己責任で詰め替えています。)

DSC_5921.jpg

詰め替えた後の袋を洗って、説明書きを切り取ってボトルに貼って・・・
(こういった、ちまちましたことが楽しかったり・笑)

ちょうどペットボトルのキャップ1杯分が1回分くらいなので計量しやすい。
(水30Lに洗剤5ml)

ちょっと高価だけれど・・・
生分解性のものを選ぶために出すお金は、これくらいの値段だったら惜しみません。
それに、中性洗剤は使用頻度が低いので。
旦那もそこにお金をかけることに了解してくれます。
生分解性でない、水を汚したまま終わる洗剤はできるだけ使いたくありません。
こんな洗剤を選ぶ人が増えたらいいなぁと思います。

読んでいただきありがとうございます。
▼応援クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

no subject

こんばんは^^

ウールは粉せっけんで洗うと縮むんですか!?><
私,ずっと粉石鹸でウールやカシミアを手洗いしています・・・.粉石鹸の仕様書にもウールもシルクもOKって書いてあるので洗っているのですが,粉石鹸全てにあてはまるんだったら,とっても焦ります~><

それにしても,ふっちぃままさんは環境をしっかり考えていらしてすごいな~!!

2012/01/15 (Sun) 22:39 | koko #SXhQz2u2 | URL | 編集
Re: no subject

kokoさん

すみません~!確認不足でした><
アルカリ助剤が入っていない無添の粉石鹸であればウールなどのタンパク繊維は洗えるそうです!

わたしが使用しているのは、アルカリ助剤が入っている粉石鹸で、当初何も考えずに使っているうちに縮んできたので「あら??」と思ったら、アルカリだからタンパク繊維はダメなんだ!と粉石鹸全て使えないと勘違いしてしまっていました。

参考にしたサイトによると、「無添剤石鹸はpH10くらいの弱アルカリ性。この程度なら、繊維が目立って傷むようなことはありません。」とのこと。

記事を訂正し、参照サイトへのリンクを貼らせていただきました。

またまたご指摘をありがとうございます。
今後は気をつけますね^^;

(ただ、それなら中性洗剤でなくても、手持ちのセスキ炭酸ソーダでまかなえたのかも!?という気もしてきました・汗)

2012/01/16 (Mon) 14:58 | ふっちぃまま #2QgyWGEk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。